幼児期の英語

英語を小さい時から始めたものの、その後どうしたら英検を受けられる、そして使いこなせるようになるまでになれるのか…という質問がおうちの方からあるので今日はそのお話です。

英検は『小1で○級!』など、たまに特別な子がいますが、必ずしも早く取得すればいいわけではありません。あくまでも私個人の考えなのですが…。

幼児英語で大切なことをしっかりやっていけば、小学校高学年で自然と3級あたりまでは取得できるように力がついています。ですから、検定を焦る必要はないです。

それよりも幼児期は『英検○級合格!』などと勉強としてではなく『英語って楽しい』『英語で言っていることが分かる、伝わる』という体験をたくさんしてもらいたいです。


①幼児期にはとにかく『リスニング力』の強化です。
そのために通室しているご家庭には毎日60~90分のCDのかけ流しをお願いしています。

1週間のうち、かけ流しを5日やったら、テキストを見て指差して意味付けをする日を2日…のペースです。
まずは聞いて聞いて聞いて…。

②次はマネです。
一緒に声を出します。声を出さない限り、習得できません。聞こえたとおり真似するだけで大丈夫です。

これをたくさんやっておくと、後々に英検などを受けたときに感覚的に答えを選べます。
『あっ。これ知ってる❗』となります。

幼児期まではひたすらこれを繰り返すだけで、次第にテキストを見なくても言えるようになります。

おうちの方が一緒に取り組むのは、週に2回のテキストを指差して一緒に読むことと、レッスンプリントをやることだけです。


あとは、週に一度教室に来て、実際に英語を使って楽しく遊び、やるべきテーマをまた1週間意識して日常生活の中で取り組むと効率よく習得できます♪


幼児期のいい耳を生かして、ラクラクに英語を習得しましょう(o^-^o)

そして知らないうちに身に付けて、後々にラクラク検定に合格できる力をつけましょう。
楽しく楽しく…が大切です♥️

まだ英語をやっていない方はもちろん、他の英語教室に通っている方…お気軽に体験レッスンに遊びにきて、内容を見てみてくださいね。

お待ちしています♪

★Okude★